体臭予防・口臭予防、おすすめ対策

口での呼吸と口臭

ある大学で、教授が講義中にペットボトルのお茶を持っている学生がとても多いことに驚き、それは口やのどが渇くため、つまり口呼吸をする人が増えてきているためではないか、と指摘していました。
最近では、特に若者に多いらしのですが口呼吸をする人が増えていると言われます。
時には鼻がつまっていたりして、どうしても口でしか呼吸できないときもあるでしょう。しかし常に口で息をしていると、いろいろと体にとって不都合が出てきてしまいます。
まず、体臭の中でも一番気にしている人が多いといわれる「口臭」が強くなります。


口臭は、口腔内の病気である虫歯や歯周病によるところが大半なのですが、口呼吸により虫歯や歯周病になりやすい環境が作られてしまうからです。
その虫歯や歯周病になりやすい環境は唾液に関係しています。
唾液は、口の中の食べ物のカスを洗い流したり、酸性度を一定に保つなどの役割をしています。
口の中では、食事のたびに、食べ物のカスによって虫歯になりかけ、それを唾液が治すというサイクルが繰り返されているのですが、口呼吸をしていると、分泌された唾液がすぐ乾いてしまうため、唾液の役割が発揮されず虫歯や歯周病を進行させてしまうことになるのです。
体臭はその部位やにおいによって対策は違ってきますが、口臭に悩んでいる人で口呼吸が原因のひとつと考えられる場合には、まず口呼吸から治していくとよいかと思います。
一つの例として口呼吸を治すには、チュウイングガムを口を閉じて毎日1時間ほど噛むと効果があるようです。ただし、シュガーレスのガムにしてくださいね。