体臭予防・口臭予防、おすすめ対策

口臭と病気の関係

人それぞれ感じ方が違う「におい」ですが、たとえばそのにおいをかいだことのない人にどんなにおいなのか言葉で説明しようとしても、それは不可能に近いそうです。
たとえば、自分や他人の体臭についても、それが気になる人、まったく気にならない人がいます。
さほど自分の体臭を気にしていない人の中には、実際にはかなりのにおいを放っていることもあります。
特に口臭、その中でも虫歯や歯周病が進んでにおいを発している口臭の場合は、本人には気づきにくいことが多いのです。
本人がまったく気づいていなくても、周囲の人にはどうしても気になってしまうにおいなのですが、本人に伝えづらく、歯科を受診することもなく病状は悪化してしまうことがあります。


周囲の人にもわかるような口臭の原因には、虫歯や歯周病のほかに糖尿病、呼吸器系の病気、舌苔(ぜったい)や腎臓の病気、喫煙、食事の内容などがあります。
食べ物によるにおいであれば時間が経てば自然に消えますし、食後の歯磨きやうがいで防ぐこともできますし、周囲の人も「昨日にんにく食べてきた~?」などと伝えやすいものですね。
しかし病気が原因の口臭には、治療を必要とするサインになっていることがあります。
他人の口がにおうとき、それを伝えるのは非常に伝えにくいことだと思いますが、あまりににおいが強い場合、治療の必要な病気を持っているのかもしれません。
その人のからだを思うなら、身近な家族や親しい人がアドバイスしてあげることも大切だと思うのです。