体臭予防・口臭予防、おすすめ対策

体臭には酢が効く?

洗面器にお湯を張り、そこに酢を入れて水虫を患っているひとが足浴している場面を見たことがあります。
この足浴に使っている「酢」ですが、体臭を抑える効果もあるようなのです。
一般的に細菌というのは、水虫の菌もそうですがアルカリ性を好み、酸性が苦手なのだそうです。
そのため、酢を混ぜたお湯で足浴をすると、水虫の症状が快方に向かったり、足のにおいを減少させる効果があるのです。


どの程度の酢を混ぜるかというと、洗面器いっぱいのお湯に対して、食酢ならキャップに1杯ほどが適量です。
また、炭焼きのときに採取できる木酢液というものが市販されているのはご存知でしょうが、この木酢液の場合は酸性が強いので、洗面器いっぱいのお湯に対して数滴混ぜれば十分です。
お風呂に入るとき、入浴の直前に酢を浴槽のお湯に混ぜることで、足のにおいに限らず、体臭についても酢は効果を発揮します。
混ぜる量はコップに半分弱程度、ほんの少しの量ですので、浴槽が酢のにおいで充満することはありませんし、かえってさわやかな香りに感じることと思います。
このように酢を浴槽のお湯に混ぜて湯船につかると、酢に含まれるクエン酸の効果で肌を弱酸性に保つため、雑菌の繁殖が抑えられ、体臭を防ぐことができます。
また、開いた毛穴からクエン酸が吸収されることでアンモニア臭い汗を抑えることもできます。
食生活が乱れたり血液の流れが悪くなったりすることが原因で、体内にアンモニアが増えて汗がくさくなるようなら、ぜひ「お酢風呂」を試してみてください。
module/rose.php”); ?>