体臭予防・口臭予防、おすすめ対策

ワキガは病気ではなく体質

人それぞれ感じ方が異なったり目に見えない「におい」というものは、どんなにおいなのかと相手に説明してわかってもらうのは大変難しいことです。
また、色や音のように、はっきりと分けられるものでもなく、「○○のようなにおい」とあいまいにしか表現できないものなのです。
しかし、このあいまいさが、自分の体臭が周囲の人に嫌な思いをさせているかもしれない、と悩む人が出てきてしまう原因でもあるのです。
自分はワキガなのではないか気にしている人が、体臭に悩む人には多いようですが、単なる汗のにおいといわゆる「ワキガ臭」の区別がつかずに本人の思い込みであることも、しばしばあることなのです。


では、もし本当にワキガであったとして、ワキガとは果たして病気なのでしょうか?
答えは「いいえ」です。ワキガは病気ではなく、ひとつの体質なのです。
エクリン腺とアポクリン腺の2つが人間の汗腺にはあります。通常、人間は体温調節のためにエクリン腺から汗をかきますが、この汗はほとんどが水分で微量の塩分が含まれているだけです。
これに対しアポクリン腺からの分泌物には、アンモニアやタンパク質が含まれ、それらが皮膚表面の菌により分解されてワキガ特有のにおいを発するのです。
つまり、アポクリン腺の量がワキガ体質には関係しているのです。
アポクリン腺がある場所は、外耳道、脇の下、乳輪部、股間などです。
その昔、人間が持っていた臭腺の名残であり、進化の過程で失くしてきたものなのです。
現在では清潔思考から汗は不潔なものと捉えられ、ワキガが汗より強い臭いを発するため差別的な嫌悪感を持たれているようですが、アポクリン腺の数が一般的な数より多いからといって病気扱いをするのは間違いなのです。
module/rose.php”); ?>