体臭予防・口臭予防、おすすめ対策

ワキガのチェック

自分の体臭がほんとうに周囲の人に迷惑をかけているのか、どれだけ嫌がられるほどのにおいなのかは、においに悩む人にとっては深刻な問題なのでしょう。
自分の体臭に悩む人の中には、誰かから「くさい」と言われた、あるいは言われたような気がするという人や、脇の下にたくさん汗をかくからワキガかもしれないと思い込んでいる人など、実際はそんなに体臭はきつくないのに悩んでいる人も多いのです。
ここで、いくつかの自分がワキガであるのかどうかを判定できる項目を挙げてみることにしましょう。


※耳垢が湿っぽい
ワキガ臭の原因ともいえるアポクリン腺は、外耳道にもあります。
ワキガ体質の人は外耳道にもアポクリン腺が多く存在するため、アポクリン腺からの分泌により耳垢が湿ってしまうのです。
※下着やシャツの脇の部分に黄色くシミがつく
アポクリン腺から分泌される成分により黄色くシミになります。
ただし、市販されている制汗剤を使ったことでシミになることもあるため、制汗剤を使用していないときに判断する必要があっるでしょう。
※脇毛が多いほうである
アポクリン腺は毛根につくため、脇に毛が多いこともひとつの目安になります。しかし、毛深いからかならずしもワキガだとは限りません。
ひとつの毛穴から2本の毛が生えていたり、まれに脇毛に白い粉様のものがついていると、アポクリン腺が多いと判断できます。
※親がワキガ体質である
ワキガ体質は遺伝するといわれています。
※暑い季節でなくてもよく汗をかく
脇の下に多く汗をかくことも判断のひとつになります。
アポクリン腺からの汗は、少しネバッとしています。
このような項目を総合的にチェックすることで、自分がワキガ体質であるかどうかの判断が、ある程度できるのではないでしょうか。
module/rose.php”); ?>